依存性や病みつき性がある

自身は今、「砂糖断ち」の減量をしています。なんで砂糖断ちの減量を始めたかというと「砂糖は依存性や病みつき性がある」、「体躯や皮膚の退化を早めて仕舞う」といったいわれているからです。
自身は食事の量が多くて太って仕舞う集団というよりも、お菓子が大好きな集団だ。ですから、「砂糖断ちをしなくてはダメだな」と思ったことも大きなきっかけです。
スウィーツを食べ始めると「1個だけの予定」だったのに食べ始めたがラストで、結局「全部食べてしまった」ということが常連でした。
先ず、これが砂糖の依存性・病みつき性についてにつながっているのではないかと思います。
自身がお菓子でスウィーツ部類を食べたときのカロリー容積は500から700カロリーほど起こるとして、そのカロリーを遠ざけることができたら5日間では2,500から3、500カロリーも補充カロリーが鎮まるんだなと思いました。
私の父さんは糖尿病による脳血管妨害で亡くなっているので、私も糖尿病防衛をした方が良いだろうと思ったことも砂糖断ちを決めた要素でした。
砂糖断ちを通じてから3お日様くらいは、「甘いものが食べたい想い」が意識いっぱいに広がって辛かっただ。
それでも4お日様眼には甘いものを食べたいという気持ちは少なくなり、「食べなくても安心!」と思えるようになったのです。
ショッピングをめぐって、緩いスウィーツの香りがしていたりすると「あぁ、食べたいな」と思いますが、余りに食べたいといった強い想いは感じなくなりました。
毎日のディナーも砂糖を使うかさはなるべく控えて、原料の味を大切にするような味付けとしていらっしゃる。
そうしたら舌触りにもセンシチブになり、ウェイトも2ウィークで1,5kg落ちました。
年令が上がると共に体重が落ち辛くなってきたと感じるので、無理なく面白く続けられる散歩をしていますが、ゆったり慣れてきたらランニングも取り入れていこうとしていらっしゃる。
ちっちゃなことをせっせと積み重ねて、減量に努めたいと思います。中絶しない為に避妊に失敗時のアイピル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です