集中して仕事をすることもあります

わたしはアパート職で、夕刻、あるいは朝まで、集中して仕事をすることもあります。脳を使うだけでも奴はかなりくたびれるのか、深夜にお腹が大いに空くことが有ります。再びひと頑張りというよりは、職に区切りがついて「よし寝よう」というところで食欲が急に出てきたりします。

このときについ欲しくなってしまうのが、お手軽な即席ラーメンなどではないでしょうか。正しくお腹を満たして眠ればそれほど眠れますから、おしなべて完全に悪くはないのですが、これが続けば無論太ってしまう。

「けれども眠たくて至ってごちそうはできない」なんてこともあります。そこでたとえば、余り物野菜のスープ煮などを出し置きしておきます。昆布だしなどをつぎ込み、肉や魚はほとんど入れず、塩気は地味にします。インスタント麺などよりはすこぶるいいはずだ。これで日中にバッチリ行動などをすれば、更に太りません。

一時期、鶏肉がいくぶん入ったミニ豆腐ハンバーグ(幅でチンだけでもらえる)同然のにハマっていた時代があるのですが、明らかに太りましたね。それは夜食には不能だった…。それなどは、もっぱら生揚げを焼いておいたものを食べたりで全くカロリーも違う。また市販の「大豆ミートの唐揚げ」も、もたれないし、味も美味しいしで減量に素晴らしい商品ですね。

また、結構麺類位がほしいぐらい空腹になったときは、ネットで探したヘルシーな近所や麺を使います。玄米が配合された物質や、かんすいを使わないカップ麺、ベジタリアン向けの即席ラーメンなど、結構色々あるのです。ビーフンとかフォーもスープを含めて低カロリーなものが多いですね。これらを買い込んでおくと、お忙しい際・眠たくてごちそうが作れないときの夜食に良いです。

まず、夜食なんて食べないのが良いのですが、それで眠れなくなってOR眠りの出来が落ちてライフサイクルが乱れても、それはそれで減量によくないと思いますね。「摂るか食べないか」にばっかり粘りすぎず、減量に有難いごちそう、太りにくい物を食べるのは大事だと思います。ito-mokuzai.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です